ジョイン引越ドットコムで引越す前に気をつけること

 

私は過去、ジョイン引越ドットコムを含め10回以上の引越しを業者に頼んで経験しています。

 

引越し日まで時間があるときは少しずつ準備をすすめていって問題は無いのですが、余裕のない急な引越しの際は「思い切り良く物を捨てる」ことが必要だと思います。

 

少しもったいない気がしても、どんどん捨ててしまったほうが荷物も少なくなり、引越し後の荷物整理も楽になります。

 

私的には1年以上使用しない日用品、洋服は捨てても、その後差し支えないと思います。

 

捨てるときになるとすごくもったいない気がして、かなり後ろ髪を引かれ、なかなか捨てれないのですが、思い切ってひとつ捨ててみると、どんどん捨てれるようになります。

 

捨てるときやってはいけないのが「捨てないもの」「捨てるもの」の分類の他に「保留」の分類を作ることです。

 

「保留」作ってしまうとほとんど「保留」に置いてしまい、思い切りがつかなくなってしまいます。

 

 

 

変な業者にあたらないように…

 

見積もりのためにきちんと業者さんにきてもらうのが一番大切です。

 

しかし、業者さんも、威圧的な人もいますし、契約できるまで居座る悪徳なところもありますのでご注意を。

 

そのさいは、毅然とした態度で断りましょう。

 

業者さんの感じでだいたいどんな会社か、わかります。

 

保険や、受けられるサービスなどよく聞いて下さい。

 

物が紛失したり、壊れたりしたら、お子さんがなくしたんじゃないですか?壊したんじゃないですか? と、責任をなすりつける業者もいますし、貴重品を盗むところもあるそうです。

 

あと、見落としがちなのが引っ越代金。

 

当日現金渡しが一般的ですが、たいてい封筒などにいれてテーブルにおいていたりします。

 

これが紛失するケースが多いですから注意してください。

 

子持ち家族の引越しについて

 

主婦で子どもがいるので治安が悪いとこには住みたくないです。

 

今回、ジョイン引越ドットコムにて引越す前も主人と協力しあいつつ引越し先の事前チェックをしっかり行いました。

 

ジョイン引越ドットコムの引越し料金が【最大半額】まで安くなる!?

安全で安心できる場所がいいですね。

 

都会のような夜もキラキラしたとこもあまり好きではありません。

 

だからといって、田舎すぎるのも好きではありません。

 

夜、真っ暗な道を帰るのはこわいですからね。

 

適度に都会で自然のあるところがいいです。

 

あと、交通の便が悪すぎるのもダメですね。

 

車を運転しないので出掛けるときに面倒なので。

 

ある程度の間隔でバスや電車がくるところじゃないと住めません。

 

 

 

引越しを通し、住む所・働く場所が変わったのが原因でじわじわとストレスがたまり、顔中にニキビができてしまいました。

 

専業・パートどちらにも言えますが、ストレス後のケアはしっかりしておきましょう。

 

ニキビは痛みを伴っているのでついついつぶして芯を出してしまう。

 

そうすると、数日で治っている。

 

つぶさないといつまでたっても痛い。

 

目の周りの黒ずみははじめはアイラインやアイシャドウが残ってしまっているのだろうと思ったが、クレンジングで徹底的に落としても肌の色が変わらず黒っぽい。

 

寝不足でもないのでクマではないと思うのだが、とにかく涙ぶくろ付近が黒っぽい。

 

お化粧してもいまいち黒いのでコンシーラーで隠すようにはしているものの、今度は白浮きしておかしいような気もする。

 

元からある両こめかみの深いシミは、美容院でカラーリングをした時に美容師さんに染め剤が飛んだと思ってゴシゴシ拭かれるくらい茶色く濃いシミで、鏡を見るたびにブルーになる。

 

でもこれもコンシーラーで隠すようにはしている。

 

bbクリームと重ね付けすると何とか隠せる感じ。

 

ジョイン引越ドットコムの引越し料金とクオリティについて

 

トラブルは、困ったことは特になかったです。

 

取り壊しによる退去だったので、なるべく安くと何社か見積もりしました。

 

数ある引越屋さんの中で1番対応が爽やかで親身に対応して下さりました。

 

金額も随分値下げして貰ったので引越し料金が想定内に収まったのがかなり良かったです。

 

また無料でダンボールを頂けたりしたのが助かりました。

 

お布団を入れる袋も貰えたので引っ越したあとでもお客様用のお布団を終うのに重宝してます。

 

当日の作業の方達もテキパキと素早く動いてくださいました。

 

近場だったので小さいトラック2回の往復で6万円と大型のものが多数あった我が家としては安くすませることができました。

 

こちらのミスでクローゼットの中の服を出し忘れていたのですが、そちらもそのまま持ってきてくださりとても助かりました。

 

洗濯機もつなげてくださったので当日からすぐ使え大変助かりました。

 

 

自分に合った業者を探すポイント

 

引越業者の見積もりは何社も比べることです。

 

気に入った業者さんがいたとき、見積もりが高いとがっかりするので、交渉術として◯◯社さんはいくらでやってくれると聞いた、、とお話しすると担当者さんによっては安くなることがあります。

 

母がお日柄を気にしてできませんでしたが、仏滅に引越をするともう少し安くなるみたいでした。

 

業者がどうしても絞れない場合は、友人知人からオススメの業者を聞いてみるのもいいかと思います。

 

私の周囲では「引越しは日通」と言われていることが多いので大手なら日通が良さそうですね。

 

ジョイン引越ドットコムの引越し料金が【最大半額】まで安くなる!?

あとは、当たり前のことなのですが、早め早めに荷物をダンボールに纏めておくことと要らないものはどんどん捨て荷物を減らすことです。

 

また私は近場への引越しでしたので小さいものだけ先に運んで置きましたが楽でした。

 

先にある程度荷物の準備ができます。

 

また、引越前のインターネットの確保も必須だと感じました。

 

私は引越後に手続きをしたため2週間以上インターネットが使えず不便な思いをしたので引越先の住所が決まったらすぐにインターネット会社に連絡して工事の予約をとることをお勧めします。